自動ドア修理・施工のことなら、お任せください。株式会社 ハイオート東海(愛知県名古屋市)

自動ドアの種類

開閉方式。スライドドアと回転ドアがあります。

入室管理システム 集合住宅などのエントランスに最適なシステムです。
来客は玄関外のインターホンで居住者を呼び出し、居住者は、各居室内に設置された解錠ボタンで、玄関の自動ドアを開けるシステムです。居住者自身が入る際は、キースイッチやカードスイッチ、4ケタの暗証番号を入力するテンキーシステムで自動ドアを開けます。
時間外入室管理システム 営業時間外や就業時間外のセキュリティを高めるシステムです。
設定された営業・就業時間内は通常の自動ドアとして作動します。時間外になるとタイマーが働いて、外部からの入室を防ぎます。
CDコーナーシステム 使用中のCDコーナーのセキュリティを高めます。
個人のセキュリティを高めるために、CD使用中は外部からの入室を防ぎます。
また、営業時間終了後は、自動ドアを自動的に電気錠で施錠します。
障害者用トイレシステム 車椅子に乗ったままラクに出入りできるシステムです。
扉は、車椅子に乗ったまま操作できる外・内部の押しボタンスイッチで開閉します。開閉と同時に室内灯が自動的に点・消灯。使用中ランプ点灯時は、電気錠でロックされ外部から入室できなくなります。押しボタンスイッチを押し忘れても、一定時間後にドアが自動的に閉まります。
POAシステム 特定郵便局などのキャッシングコーナー仕様のシステムです。
特定郵便局などのキャッシングコーナー出入口に使用する自動ドアシステムです。営業時間内の入退室は自由にできますが、営業時間後は電気錠が自動的にドアをロックします(ただし、内部センサにより外に出ることは可能です)。また、自動ドアの開閉異常の検出を行い通報します。
火災報知器連動システム(スライド) 火災時、すみやかな避難を促す防災システムです。
火災報知器と連動して、火災の発生とともに扉を開放し、すみやかな避難を促します。停電時は、手で軽く開くだけで簡単に開放できます。 オプションのバッテリを接続すれば、停電時でも扉の自動開放・自動閉鎖が可能。 ホテル、病院、銀行、公共施設など、多くの人が出入りする建築物の防災対策に適しています。
火災報知器連動システム(回転) 大型2ウイング自動回転ドアRDB-2専用の防災システムです。
RDB-2は停電や火災などの非常時、内臓された非常電源装置が作動し、自動的に非常開放位置まで動きます。エスケープドアを手動で開放すれば避難路も確保できます。RDB-2の安全性能は、世界中の公共・福祉・医療施設に選ばれ、高い信頼を得ています。
手術室入室システム フットスイッチを採用した衛生的なシステムです。
手術室やレントゲン室に、ストレッチャーで患者を運びこむ際、壁や床に埋め込んだスイッチが足を検出し、扉を開放した状態で維持するシステムです。スイッチは、フット光線スイッチ、フット押しボタンスイッチなどから、ニーズにあわせてお選びいただけます。
全開・半開選択システム 通行者によって、ドア開口の大きさを選択できるシステムです。
必要に応じてドアの全開・半開を選択できるシステムです。工場などで、人などが通る場合にはドアを半開(任意に設定可能)に設定し、フォークリフトなどが通る場合には全開にするシステムです。